39~68~46kg その間に

欝までの、欝からの「自分を愛せ」るか。

泣いて喚いて怒鳴って怒って。

こないだ、反抗期やっとけば良かった。とは記しましたが、

やはり、我慢と蓄積わ、重ねた結果の爆発が起きました。

ちょいちょい記してますが、

母が次男に依存を始めてからは、私は母からすれば、「都合がいい、支配下の娘」でした。

腹が立てば兄に私の愚痴を言うだろうし、

私が作ったものは隠して捨てたりして誤魔化しもしている。

しかし、次男や自分にゆとりや金がなくなると「キャッシングして」と、実に簡単に言ってくる。

「ちゃんと返すのだから問題ないだろ」と言う言葉を、仮にも借りる側が言うのは間違ってもおかしいことなんですよ。

これがヤミ金とかなら、終日ペコペコしなきゃならないのに、

実の娘はちゃんとしっかり借りてくれると言う発想が無きゃ無理。

 

 

しかし、私は

母が私のパートナーにも借金していて、それが減る度に

「幾らか返したから、もう少し.....」

みたいな、録でもない言葉を吐きました。

 

これについては、私が断固拒否して、絶対にパートナーにはお金の話を持ちかけません。

ちなみに、人から人にお金を振り込むにしても、手数料がかかるのは皆様知っているとは思うのですが、

 

兄も母も、何故だか一回もそれに言及しないのです。

特に兄については過去たくさんの消費者金融から金を借りていた過去があるからこそ、

お金を借りるときに手数料や、

振り込み手数料が掛かるのがわからないはずは無いのですが、

一切それを言うことはなく、

返却日が近づくと、 

私のテーブルにむき出しのお金がポンと置いてあるだけで、

そこには謝意や誠意もなく、義務的なことを放り投げて

「あと、宜しく、返したから」と言う代弁である無言の押し付けの虚無感に、

私は情けないやら怒りやらを感じていたのです。

そうして、数日前の事件ですが、

母に今月の生活費を渡した際に

「これだけしかないの?」と

言われたのです。

 

これには、言葉もありませんでした。

私は「先月から●●円給料減ってる話しはしたよね、なら生活費も同じく減るとは思わないの?」と、返しましたが、

母の期待よりは額は少なかったと言うことでしょう。

しかし、

母に生活費を渡したから、母が倹しく生活するかと言われたらそんなことはないし、

ある程度お金を渡しても、

雑費一部や食材に関しては毎回私が自腹を切っているし(私のお金が目減りするだけ)、母の勝手な都合で灯油を使う勝手にヒーター止められたり電気を消されたりする。※灯油代金も私は払っている

母の望みなどは、私に携帯料金だけて暮らして、残りの全額が欲しいといったところでしょうが、

働いている私が、働いてもいない母に卑屈になる必要あるのかと。

爆発したのには、きっかけがあり、

恩師から電話があったのですが、 

 

「声に元気がない」と、言われて、

 

私が大体の話をしたところ

 

「共働きだとか、援助まで人から貰っているのに、

実の娘にそんなこと冷たい言葉を言うほど変わってしまったのか、あなたの母は。

 

どんなお金でも、お疲れ様、ありがとうと言う言葉がまず最初に出るのに。 

 

昔とは変わってしまったのだね。

昔はそんな母では無かった筈よ」と、

冷静に言いました。

 

そう、昔の記憶は徐々に甦り、私を強く苛み、私は我慢が出来なくなったのです。

もう、その時には泣いていたと思います。

 

だから、もう、あとは、

マシンガントークで、携帯から母親に電話して

「この間のあの軽い発言、私は物凄く傷ついていたし、悲しかったし、なんのために1日分使ったか、訳がわからない。

何のために働いてるかもわからない、私はお母さんには都合がいいカードで、

感謝も労いもない。 

大金に対しては借りたときに喜ぶけれど一ヶ月もすればもう違う。 

 

大体キャッシングや借金に手数料は付き物だし考えれば分かることなのに、毎月それを私が払っているのを気づかないのも可笑しい。

 

昔から●●(次男)ばかりを気が合うと言ってたよね、忘れてないし、

今でもそうなの知ってるし、

食べたくない料理は隠して捨ててるしね

ただの都合が良い人間だよね。

私が仕事をするのは安く薄っぺらく、

兄が自分の都合で仕事の時間帯を好きに選ぶのは許すんだよね?

兄には「給料のお金が少ない、これだけ?」なんて、言わないよね?

言えば喧嘩になるからね?

私には好きなことが言える、でも兄には言わない。何故なら兄とは気が合うし可愛いから!

昔わたしにそう言ったよね?

私は忘れない!

忘れてない!

絶対に忘れない!!」

と、泣きながら怒鳴り叫び言い散らかしました。

結局母が言ったことは

「もう借りない」※卑怯

とか

「分かったから」

だけでした。

駄目だ、解ってない。

分かっているなら言うべき言葉があるのに、意固地さで言わないでいる。

 

さと、帰宅した母が私に

出て行けと言うか、

兄のところに住むと言い出すか。

 

これからですね。

何であろうとも、謝罪や言い分けを聞かない限りは、多分わたしは収まりません。

 

我慢に我慢を積み重ね、大変だろうからと都合してきた、まさに身から出た錆ですが、

或いは汚い手段であらゆる手段でこちらに苦痛を与えるパターンも考えています。

 

どちらにしても、

向かい合わなければ終わらないでしょう。

 

結末は、また。

 

 

追記

結末は着きました。

「頑張ります!」が、答えだ!

昨夜、この仕事してじきに8ヶ月目に入るこんな時、初めて、お客様じきじきに誉め言葉を頂きました。

特に誉められてなかったってわけではなく、私としては喜ばれている印象で、特筆するほどダイレクトな誉め言葉を直接とかでは無かったから書きませんでした、

それだけなんですが(笑)

接待の席と聞かされたときに、

 

また、社長会合か。

嫌だな。

が、第一印象でしたが、

選んでられないですよね、お客様は。

だから、せめて

「失敗しない」「時間をかけても間違わない」を徹底しました。

私は、人の顔の覚えは悪いのですが

(覚えないように、見ないようにしてきたツケみたいなもので)

一通り段取り自体はそう苦労はしなくなりました。

ただし、社長連合だけは、どうにもならんのです。(泣)

 

勇気爆発バーンブレイバーンみたいに、「生理的に無理」なのです。

はい、ブレイバーン観てますか

皆様、

私も大好きブレイバーン(笑)

毎週何を見せられてるのかしらとか言いながら楽しんでますよブレイバーン(笑)

だから、それこそ本能みたいに

上から目線

男(大概は)

言って良いこと悪いこと区別しない

皆が笑ってるんだから俺は楽しませてる

金に細かい(注文が)

上記当てはまる社長は生理的に無理です。

実に少ないのです。

だから、ほぼ無理です。

 

ミスしまいとして必ずミスをしています。

 

その都度凹んで積み重なり、もう、生理的の前に予約の段階で、

物凄っっっっっっ、く!嫌な顔をしてます。(泣)

梅干しが顎に出来ます(笑)

 

それはもう店長や先輩にも空気で伝わるらしく、二人にも気を遣われ、

フォローするから!とか励まされているダメな人間です。

自分が苦手と思えば相手もこちらを嫌うものです。

だから悪循環が出来ています。

そこでまたミスをするのだから、更に彼ら(やら、同伴の女性やらママやら)から

「あー、またかよ」みたいな顔を露骨にされて負の連鎖になっています。

ので、極力外してるんですけどね。

(他のお客様の相手をするなど)

 

しかし、某県からいらした社長さんは、私の鮨の説明に、

「うん、良くできたね!」と言いました(笑)

勿論これを誉め言葉だなんて言いませんし思いませんよ(笑)

私は当然、「未熟なバイトが子供扱いされた」と、取りました。

そして、部屋を去るとき、私の背中に

その社長さんが、

「君は良くやってるね」と、言ったのです。私には良く意味が分かりませんでした。また、からかわれているのだと思いましたが、

彼の目がね。違ったんですよね。

これは、励ましているんだと思ったんです。

多分、いろんな事いろんな意味で、見通されたのではないかと。

私は、なんと答えたらよいかわからず、しかし、応えねばならないと思い、

出た言葉が

「頑張ります!」でした。(笑)

他に答えようがなかったのです。

でも、

頑張ると言ったのだから、

頑張りました(笑)

 

丁寧に、間違わないように、

目線を合わせ、オーダーを暗記し

それこそ一生懸命でした。

 

間違いたくなかったんです。

喜んで欲しいと感じたのですね。

 

多分

本来は、誰に対してもそうなるようになるのが、この職業に就く人間の「考え方」の理想なんだろうな。

と、思いました。

 

私が、生理的に本能的に毛嫌いする相手が多く、選んでいるだけで。

 

この社長さんは、大層店を気に入られ、板前を気に入られ、鮨もコースも気に入られ、楽しまれた様子でした。

(三時間居た)

そして、店を出るときに、

板前(店長)に

「彼女は良く出来ているよ」と、

言ったのです。

※私はお見送りをしましたが、

その際も「とても満足出来た、良い店だったよ」と笑顔で言ってくれました。

 

私は

多分ずっと笑顔でした。

多分、作り物ではなく、心から笑っていたんですよね。

私にではなく、店長に私の話をするとか誉めるとか、

それはやはり「頑張っているよ」と、評価を人に(私にではない)促し、

私が私自身の評価が低いことや、人の言葉に承認欲求を充たせない事を、

彼には見破られていたように感じました。

私は、大きな大人の前の子供のような、頭を撫でられたような気持ちになりましたが、

悔しいとか悲しいとかではなく、

ただ純粋に嬉しかったのです。

だから、

あの社長から貰った言葉は

この仕事を始めて初の、

 

お客様からの「誉め言葉」なのだと

贈り物のように大切に思いました。

 

※後に店長からも、「誉め言葉を貰ったね」と言われましたが、

私は「きっと彼には私は子供みたいだったんですよ」と、素直に返しました。

 

それで、

 

私は多分これが欲しかったのか。

とも、思いました。

 

仕事の上では当然そんなものが貰える筈も無いし、それをねだる方が可笑しいのに。

 

でも、

大切なものを貰った気がしますから、

 

生かさなければならないと思えました。

 

 

翌日、それが生かされたのは偶然ですが、連日頑張ったことがうまく運ぶと、それはもう嬉しいものです。

 

勿論特別な日々なんて、長くは続きませんけどね。

 

でも、

忘れてはいけない事を教えられたので、これに答えて行かなきゃいけないよね。

 

頑張ります!(笑)

 

喜び祝い↑

今月ようやく行けた!

しかも、オマケ頂いたり、「いつもありがとうございます」と、お菓子頂いたり!

↑頂いたクッキー。

私はカボチャが大好き(笑)

 

(*´▽`*)

 

毎日は無理でも、

心に留めたことは忘れない。

 

昨夜のことも、今日のことも

 

悲しみの方が記憶には残り勝ちだけど、

 

嬉しかったことも忘れないでいよう。

 

 

ここ2日の良いことは、それら全てですね。(笑)

 

 

 

有害、無害。

 

昨夜は爆発があり、更新どころではありませんでした。

簡単に言うなら、飯も風呂も要らんわバカ、状態で引きこもりました。

わたしは蓄積されると悲しみが怒りになり怒濤の爆発をします。それについては、今はまた後日!

 

ニューヨーク(NY)が、

ティックトックやインスタやSNSやX等は(ブログとかYouTubeは良いのだろうか?)子供たちに精神的な有害であり迫害を助長させるとして、訴えている。

との、話ですが、

仮にそれが勝訴になりこれらのアプリ等が停止になったり、

なんなら、ブログもダメです、と、停止にさせられたとしても、

実はそんなに惜しまないなあ。

と、思う自分が居ます。

表現の場所が無くなるのは大層寂しいとは思うのですが、

悲しいとまでは行かないんですよ。

 

大概のSNSが有害だったり、人様を傷つけたり、欺瞞だったり、依存だったりするのは半分は間違い無いんですよね。

ニュースでも迷惑配信が通報された話題は毎日事欠かない。

でも、一旦依存して緣みたいになっちゃう人が自分含めこれだけ溢れてしまえば(広告収入にしてる人も居るし)

提訴しても、絶対勝訴にはならないだろうなぁ。とも。

私がネットで中傷されたとか、質の悪い動画を楽しんでいるとかでは無いのですが、

実際実害が出てるから、訴えていることは強ち間違いでも、余計なことでも無いんですよ。

毎日ネットサーフィンしてれば、気分悪い投稿や、強烈に個人が分かりやすい批判的な文章を上げているのも確かだから。

でも、それを意見にするか、討論するか、思案するか等「考え」を与えているのも確かで、

自ら考えることをしない若年層には、討論や論争や、思考を鍛える事にはなっているし、これで、SNSやインスタ等を「停止」しちゃうと。単純に、

老いも若きも関係なく、

あらゆる便利な利点や、思考の場を失うので、頭が軽くボケるだろうなあ。

と、思いました。

 

私が「別にいいけど」と思うのは、職場柄インスタやってますけど、

特にだから活用をしている訳ではないからですが、

だから良いのではなく、

困るんだろうけど、今ならそう依存し過ぎてないし、

はっきり言えば使いこなせてないし(笑)

※負け組じゃん。単に。

ブログ閉鎖とかは寂しいけど

私には承認欲求は仕事かパートナーか親友が居ればあれば、まあ、満たされるだろうし、あとは、地道にボケるだけかと。

それに、

無くならないでしょう。

この手の便利や承認欲求を充たすツールは必ず手を変え品を変え現れるものです。

求める人がいて、需要があると分かっているなら作るに決まってる。

そして、一度知った便利を人は手離すとかしないし、絶賛反対します。

それこそあらゆる手段で。

私がどうのこうの、ここで言わなくても、心配無さそうだし、

老いてボケたくないなら、流行に倣って生きた方が全然新しい刺激を貰えるんですよね。

「若いのは便利や簡単を求める」とか

「私は老人だから使えない」とか

どちらも言うつもりは無いんですよ(笑)

ただ、どれもは要らない、やらない。

必要な物を自分でやるのやらないのは選べると言うだけです。

必要で、それが便利で、楽しいなら

勿論私もやってますが、

「やろう!楽しい!」と、感じないなら多分私には不必要な事です。

あと、単純にギガの問題(笑)

Wi-Fiは引いてますが、それでも私の契約はギガは最低限です。(泣)

ギガたくさんあったらやるの?と言われたら

全然時間の都合がつく気がしない(泣)

ゲームする時間も取れないし(笑)

私は運動してる時間がそれに当たるんですよ。

 

インスタはともかく(インスタは毎日見たり投稿するほどの時間がまず無い。

店のインスタのついでに知り合いの店のインスタは観たりするけど)

ブログ(無料)とLINEとかヤフオク!(笑)まで提訴されるとは思えないですね。

 

仮に、勝訴になったとしても

案外、

「あー、楽になった」

という人もいるのかもしれないですね。

 

コロナ禍時期の「マスクのお陰で楽」と思えてた女性はかなり多いのですが、

メイクの時短が助かったからなんですよね。

思った以上に、特にそこまで必要でないものに苦労したり一生懸命で疲れていた人は実際居たんです。

 

しかし、数年で「やはり、顔を出したい」「メイクしたい」と、今はコロナがあろうが無かろうがマスクを外してる女性が多いはずです。

戻ってきちゃうんですよ、欲求って。

 

で、

単に私の結論としては(あくまでも個人の見解でね)

 

人は便利も不要も選べるんだから、有害であるものも無害なものも区別出来るので、

今更規制しても、別の手段があれば選ぶと思います。

しかし、

この結果(提訴)は、どうなるかは気になるかな(笑)

みたいな感じです。

 

規制しても切りがない気もしますし。

 

多分、この提訴を「そうだ、そうだ!」と思ってる人も間違いなく居ると思いますからね。

 

チャットgptが出てきたときに(昨年頭だったか)

どうなるんだこれ、とは思いましたが

(パートナーや親友も、一緒にテレビを観ていた、意見はやはり、どうなるこれ、だった(笑))

 

これを今更「これ、やらない方がいいから!」と声高に言っても、

ほぼ響かないとは思いますし。

 

使える場なら使えばいいし、

使えないような場面もあることを想定出来るなら問題無いし。

 

しかし、NYの提訴て

時間どんだけ掛かるんだろ?(笑)

 

 

日本は、長いから、忘れた頃に話題にも上がらないぐらい忘れてしまうんだけど(笑)

 

私がボケる前には、(予想はしてても)結果は知りたいかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

猫で踊る。(私が)

疲れてるときは、動物は癒しです。

私の家には猫がいますから、項垂れながらお腹を撫でます(笑)

無茶苦茶撫でます!

あと、だっこして頬擦りします!

もうね、無茶苦茶やりますね!( ´∀`)

グルグル鳴いてくれる猫はなんとも癒しです。なんていい子なんだ!

(外猫も居ます。猫ベッドを設置してるので昼なり夜なり塊になり寝てます、帰宅した際の癒しです。

「フー」とか、唸られても(笑)

いいんです(笑))

可愛いから良いんです(笑)

そして、ファミリーマートでmofusandコラボが始まったらしいと親友に聞くや

そのカップのデザインや、くじや、スイーツの幅広さに驚きましたが(笑)

これは、お金さえ払えばマイタンブラーさえあればドリンク購入と言う事になり、カップが貰える。(汚さずにカップだけゲット)出来るみたいなので、

是非集めたい衝動に駆られますが(笑)

そんなに幾つも買わない(泣)

だいたいデザイン選べないと思う。多分シャッフルだし。

けど、可愛いなあ(笑)

そして、親友は早速カップ一つ、ゲットしたみたいですが(笑)

「コンプリートしたいだろうけど、一つくらいにしときなー。(身の丈の問題)」と、止める私です。(笑)

 

哀しいことに私はコンビニはLAWSON派なんですが。(懇意にしていたファミリーマートが昨年閉店してからは)

しかも、近所にはもうファミリーマートが無いと言う悲劇。

しかし、お財布寂しいとわかっていてお支払して、

飲みたくないときに飲まなきゃならないドリンクって言うのも

結構やり尽くしたあとに私は絶対自己嫌悪する方なので、(泣)

ここは運がなかったとして目を背けます(笑)

多分親友はゲットするだろうから、写真でたくさん観れたら充分です。(笑)

 

私の家の事情だけを言うならば

カップたくさんあっても、置き場無いし、多分また母が物凄く嫌がりますしね(泣)

 

可愛いと思うのは私だけで、

特別mofusandを好きでない母からしたらただの有料の邪魔なものに過ぎないのです(泣)

 

可愛いんだけどなあ!

↑ブランケットと猫とか狡い!(泣)

2月22日からかあ。

にゃんにゃんにゃんだな。

 

しかし、買いすぎ、実用性がない無駄と言うなら

 

その理屈で言うならば

母がすぐに何でもかんでも、いろんなサイズのバッグを買う辺りとかは、

やはり使わない限りは無駄なもの、と思うのと同じでしょう。(泣)

 

(しかし、私は母みたいに、

ある日突然私の私物を纏めて山積みにした上で

「片付けて」とは命令しませんが。)

 

↑これは、先日mofusand展に向かった親友Sからのお土産( ´∀`)

旅するにゃんこも

働くにゃんこ兄弟も、好きです( ´∀`)

 

旅行行きたいなあ、関西!

 

さて

 

昨日はご夫婦でフグ懐石を食べにいらした方々がいらっしゃいましたが、

雰囲気もマナーも悪くなくて、気遣いがあり適度に呑んで下さり

話し甲斐があり

「ああ、楽しい接客久々だなぁ」と心から思えました。

最初から「お客様だから神様」オーラ出してる人は最初から最後までそんな感じです。

しかし、迎えた時から一切緊張させない「和みのオーラ」の方もたくさんいらっしゃいます。

気を張らずに仕事できると言うことは、お客様の気遣いによって成り立ちますが、

それ以上に、食事や雰囲気を自分達だけで味わえる方々でもあります。(こちらの提供が最低限でも自らで楽しみ尽くせるタイプ、要求が少ない)

 

サービスされることだけで「いい気分」を獲得提供して貰いたがるのと、

店の雰囲気などを自分たちの目や気持ちで感じて、語り合いながら呑んでるのは、まるで違います。

 

おなじ「お金を支払う」対価にしても、その味わいかたもそれぞれなのです。

 

おまけにインスタでフォローして下さってらっしゃいました。( ´∀`)

ありがとうございまーす!

どうぞまたお越しくださいませ!と

言いたくもなりますよ。

いや、言いましたけど(笑)

またいらして下さるそうです!

わーい。(*´▽`*)

 

カウンターにもお客様いらしてましたが、こちらは味を楽しむ飲み放題派の方々でした。

ゆっくり呑みたい雰囲気を持つ人たちの笑顔はご褒美です。

実に安心して楽しんでいるのが分かるんですよね。

 

たくさんの人たちと接客すると、善し悪しが完全に分かっちゃうんだけど、

今はまだ薬の作用から抜けてないので、ある程度は悪い気分は流せてしまいます。

 

副作用と共にいつか身体に残存する作用も消えたら

また、つまらない気苦労の始まりですが、自分の性格の面倒臭さはもう理解していますから(笑)

今さらです(笑)

 

 

月末には桜祭りなので、着て行くスプリングコートを探しに行きます。

さすがに、ダッフルコートは無理が出てきました(笑)

最近暖かいですしね。

桜がきれいです。

でも、明日から雨だから散っちゃうなあ(泣)

 

 

昨夜は先輩にバレンタインのお返しをいただきました。

昨夜は食べれませんでしたが、今朝食べました( ´∀`)

 

良かったことと言うより

嬉しかったこと、ですね(笑)

 

 

では、今夜も仕事してまいります!

最近膝棚がまた違和感や痛みを訴え始めました

 

痛み止は一ヶ月とは聞いていたけど本当に一ヶ月なんだなあ。

二回目射って完治しないならリハビリに切り替えます。

短期に数度のステロイド使用で体がぼろぼろになるのは避けたいんですよ。

 

今や皮膚科の薬にも、心療内科の薬にも、胃腸内科の薬や点滴にすら入ってるから、免れるとは思わないけど。

 

 

近いうちにまた整形外科に行きます。

 

では!

 

今夜もにゃんこは待っててくれますかな(笑)

 

 

一生の約束。

しばらくぶり(一ヶ月くらい)に、親友RからLINEが来ました。

前々から記してますし、昨年末に一緒に焼き肉食べたり有意義な会話をしています。

Rは前向きで力強くしっかりものの二児の母で妻で他国籍の旦那様を伴侶にしています。(関西よりの地方に住んでいます)

久々とおもうのは、私は1月から災難続きのガス欠で、

幸いな話題を彼女に伝えることが出来なかったからです。

恥なのもあり、愚痴になるのも、それを長い文字にして書くのも面倒でした。

2月になり、副作用と戦っている私ですが、少なくとも外傷については回復しており、内面と格闘になりました。

そんな折りに来たLINE内容を見て驚きました。彼女もまた昨年末の頑張りすぎで燃え尽き、一月中はとても無気力だったという話と、それとは別にもう一つ、二つ。

一つは息子の受験の話と、その後の彼の独立に関する頑張りでした。(独り暮らしだから)

もう一つ、は、旦那様が今旧正月みたいなもので母国に戻っていた時の話。 

彼女の旦那様は家族兄弟の多い日本の昭和初期を思わせるお国柄です。

助け合いや、妻の支えが家庭の力であり、基本的に親戚などの集まりは妻たち大集合。の、まさに昭和初期の、今となっては妻は奴隷に思えるのですが、

そちらの国としてはそれが絆であり

支え合いの美徳とされています。(縁の下の妻たちの犠牲があるのですが、その考えに妻たちが至らなければ風習とは変わらないのです)

彼女は、この正月帰省を断り、旦那様は正月合わせに帰国されました。

彼女には息子の受験が控え、それを支えなければと言う責任感があったからです。

体のコンディション

メンタル

相談など

息子の独立が始まる前ですから、たくさんの覚悟も今から必要なのです。

旦那さんは日本に来て長いので、それに理解を示しました。

しかし、母国の兄弟の妻たちにはそれは理解できないみたいで、正月の絆の集まりを子供を理由に断る妻は

「怠け者」「裏切り者」「親不孝」となるのです。

実に旦那さまの兄嫁にそれが根強く現れたようで、結婚の挨拶に、そちらの国に行ったときから風当たりは強かったようでした。

文化も風習も、他国籍と言うだけで彼女も相当な辛酸を舐めたようで、

数年そちらで暮らした後にうつ病になり、

病気から日本へ戻り、しかし旦那さんもちゃんと着いてきて

こちらで定住を決めたのです。

 

旦那さんが帰国した次の日の正月の日に

あろうことか義理姉からインスタが更新され

 

中を見ると

 

家族みんなで大集合

やっぱり家族が一番

家族だと落ち着く

皆これからも一丸となり以下略

みたいな文面と、家族集合写真がアップされていたらしく、

では、そこにいない彼女Rは?

彼女の息子は?

彼女はまだ他人だが

息子の中の血は半分あちらの国の旦那の血なんですよ?

家族集合?みんな?

家族が一番?一丸となり?

 

そこに、彼女や彼女の息子は存在してないんですよ。

勿論そこに居ない人は写せないが

 

皆とか全員とか

やはり、とか

これからも、とか

連面今までもこれからも変わらないと言う、酷い主張が強い内容を書かれてたんですね。

写真の隅には旦那も勿論居ましたが、そこは仕方のない事だと割りきれた彼女も、

 

相変わらずだなあ

 

と、流しはしたようですが

 

悲しかったのでしょう。

 

酷く塞いでしまったようです。

 

 

しかし、翌朝LINEが来ていたそうです。旦那から。

それは母国の言葉で書かれていました。

日本語ではなく。

 

「一生一緒に居よう」

 

と、書かれていたそうです。

※彼女もあちらで長く暮らしていたから会話も言葉もバッチリ出来ます

 

 

それを読んで、

大層胸の支えが取れて、この人が相手で良かったのだと改めて思ったそうです。

 

私は

物凄っっっっっっ、く!!羨ましくなりました(笑)

 

んで、

「インスタの大半は承認欲求の塊だから、いいね!だけ押せばあとは、無視でいい。

あと、特に観なくていいなら更新通知も見なきゃいい。

 

あなたの家族は

貴方と旦那と子供。

あちらの嫁や家族は、別にあなたの家族じゃない。

血の繋がりとか前に出すより

赤の他人のが信用出来ることが山ほどある

その嫁さんは、あなたやあなたの息子が大変になっても何かしら理由をつけて嫌煙するタイプだ

何もしないなら黙ってればいいのにアピールしないと気がすまないのは、

日常充たされてないんだよ

 

 

あと、「一生一緒に居よう」は羨ましい。私も今夜、パートナーに言わせるわ(笑)冗談だけど(笑)」

と、返しました(笑)

 

 

んで、昨夜

私「あのさ」

パートナー「はい」

私「んー.....」

パートナー「何ですか?」

 

私「一生、一緒に.......

居ま、しょう。」

パートナー「はい。」

 

こんな結末です(笑)

パートナーには内容を話した末に

私「あなたは私が言えと言えば必ず言ってくれると私は知ってる。

でも、私から言わせるんじゃなくて、ふとした時に本音を言われる方がきっと嬉しい。

言わせるのなら、私のなにかをあなたが良いと思ったときに言ってくれた方がいい。

 

 

だから、私の方から言うのが当然だと思ったのよ」

 

パートナー「貴女はそういう人だね、そして、それで良いと思いますよ。

貴方に頼まれたら確かに私は言いますけどね(笑)

でも、貴女に言われるのもやはり照れますね(笑)」

 

 

一生なんて何回使えるんだろう。

限りはないけど、本気となると話は別だ。

 

Rも、私も、幸せなんですよ。

 

 

 

あ、体重は服着てトイレして39.2kg、地道です。

 

そして今朝も副作用と抗ってましたが、仕事してる間は煩悶しないから平気。

問題は仕事上がりの空腹に対して食べるものに入るスイッチ。

 

食べないのは身体に悪いしねー。

 

 

昨夜は副作用で、結構がっつり苦しみましたが

 

私は、耐えられる女だ。と、

炭治郎並みに唱えて(笑)

私はやれる女だ!と、歯軋りします。

 

月末には鬼滅映画、行きたいな!

 

 

 

今日の良かったことは

 

記すまでもないですね(笑)

 

 

躊躇わなくていい。

本日も、副作用との戦いを繰り広げられておりますが、

端から見たら平然としか見えないので(あくまで私ががっつがっつ食べ出さない限りは)、

結局は頭の中の戦いです。

欲に負ければ何処までも食い尽くします。

 

今が副作用を抜いている最中だからこそ、記せる内容を記しております。

有吉ゼミの爆食い等をテレビで見ていて「これ、私食えるわ(笑)」とか、

そんなことを思えるんですよね。

実際は多分苦労する。と、思うのですが、(思うと言うのは、やれてしまう可能性もあるから)

●分内に食べたらタダとか挑戦出来る気持ちにはなれるんですよ。

 

通常なら、まず●分内チャレンジとか、それ自体胃袋に負担だと分かっているから他人事なんですよ。

しかし、

頭は食欲に囚われているので、やれる気しか起きないんですよ。

あとは、

例えばスーパーに向かったとして陳列棚のお菓子コーナーとか見回しながら

「これ全部食べたい」とも思います。

 

食に対しての卑しい貪欲さが溢れます。

ただの食欲から度を外れて酷いものですが、

直接はやらない食べないから罪がないと言うだけで、

頭の中は欲だらけなのです。

もしも、

これがずっと欲望を口にするような癖があるなら、回りはドン引きですね。(笑)

 

体重増減は昨日今朝と変わり無しですが、増減問題ではなく、

今となっては

副作用(そして作用)を抜けきってしまうまでの、衝動との戦いで、

増えた、減ったはその努力の過程で、

ダイエットとは若干違います。

 

ダイエットも欲との戦いですが、

過食症や、常に食べるのが日常であった場合を除いては、

空腹との戦いと

脳神経との戦いは別だと思っています。

 

空腹信号は確かに脳から出るのですが、

本当の腹のなかの空っぽの空腹か、

幸福欲求の為の空腹信号かは別物です。

 

目の前の物を確かに食べた。

それは確実にカロリーになる。

 

 

その認識がはっきりありながら

 

「しかし、よし、まだ、食べよう。」

 

と、言うのは

成長期以外なら、本来そう必要ないと「意識」はできるのに

「それ(欲求)」を止められない。

 

それを自力で食い止め、(自制心)

副作用を抜ききるのが今の私の毎日と言うことになります。

 

しかも、何事かに集中してるときは欲求に苦しまないので(集中の為忘れている)

仕事詰めたり、運動するのが「欲求」から逃れるのに手っ取り早いのですが、

当然仕事しても運動してもカロリー消費するので、今度は生理的にきちんとお腹が減るんですよ(笑)

で、

そこで食べた場合危険なスイッチが入るので、

ここで目処をつけて、自制出来るかが勝負ですね(笑)

勿論、食べ物やおやつには気を遣ってます。

今まで以上にです。(安易に食べたらすぐスイッチが入るからです)

 

本日の副作用記はここまで。(笑)

 

二月ともなれば、じきに3月。

期末試験が近いのか学生が制服でよくコンビニに居るのを見かけます。

 

別に居るなとは言わないから集団で人の通る道を塞ぐのは辞めて欲しいです。

学生特有、特に女子の集団心理や連帯感が、私は苦手です。

害が無いならともかく、困ってる人が間違いなくいるのに質す人間が少ない。(似た者同士)

なにせ、ぼっちが長かったので、今ですら集団の雑談とかは心底どうでも良いのです。

 

高校生はそれに加えてかしましいんですよ。

質が悪いと、人の不機嫌すら楽しく思う輩も少なくない。

ここに「人の不幸がなんとやら」の軽めのがもうこの年齢で備わっていると思うと、

 

 

私もそう躊躇いがなくなります。

 

いつものLAWSONに行きましたら、スナック売り場(アメリカンドックなどの)で、

迷うでもなく立ち話に夢中の女子高生が数名屯し、大変並びにくい状況でした。

LAWSONおじさん(店員さん、最近少し親しくなれてきた)は接客しながらも、喉が少しがらがらになっていて、「接客と花粉特有のイガイガが辛いのだ」と思い、

鞄に入ってるのど飴を取り出しました。(私はいつも持ち歩いてます。ハンカチ、ティッシュ同様に。ウイルス除去ウェットティッシュもです。)

しかし、待っている間にも女子高生は売り場から離れずそこから店員さんは離れられずに辛そうにしているのですが、

彼女らはおしゃべりしてるだけで、店員の辛さなどは幾らも考えていないのです。

さらにこちらに食い込んできたので、

迷うことなく腕で押し退け(向こうは大層不愉快だろうが、私は相手の顔など見ないから知ったことではない。

まず、足下のレジ待ち専用マークを見てから文句を言えばいい

若ければ何をしても許されるわけではないし、私は許さない方だ)

箸が転げて可笑しくても笑っていい時と場所と場合を選べ。

「手を出してください(のど飴を渡す)」

LAWSONおじさん「あ、助かります!」

私「今すぐ、取り出して舐めてください」

LAWSONおじさん「ありがとうございます!(その間すら辛そうだった。本来なら水も必要だ)」

※後ろを向き飴を口にいれるおじさん

改めて、ラテを注文し、

まだ、懲りずにこちらを睨む子供(女子高生)はガン無視し、

「接客は喉をたくさん使うから疲れるもんね、ご苦労様です。」

と、LAWSONおじさんに話したらさっさとイートインに行きましたが。

すぐにその後LAWSON姉さんがやって来て

「店員に心遣いありがとうございます!」と、

言ってきた(姉さんにあげたわけではないのに。)。

 

姉さんも、実は年末燃え尽きから1月はほぼ疲れきっていたらしいです。

私「私も私の友達も、燃え尽きやりましたよ(笑)

お互いよく頑張ったよね。

次は無理しないように回復させましょうね」と、

会話もしましたが、本当、私だけじゃ無いんだよね。

帰る前に、LAWSON姉さんにも飴を渡しに行ったら、まだ学生は其処にいて邪魔この上無しでしたが、

どの接客業務にも面倒でも口出し出来ないし、

それを知ってて敢えてやる客はとにかく老若男女問わずに面倒で厄介だ。

 

また、来ますね!お疲れ様です!

と、手を振ると

ここの店員さんも必ず笑顔で返してくれる。

だから好きなんだけどね、このお店。

 

面倒で厄介でも、しっかり接客しようと頑張る姿勢が、私は好きです。

それは私もそうしっかり頑張る人間になりたいから。

 

そして、仕事して頑張る事を無頓着にサービスを当然に享受しようとする姿勢は苦手だからです。

 

店員だろうが接客業務だろうが仕事だろうが、やっているのは人間。

そして、私も人間なので、

必要な横柄さには躊躇いはありません。

 

女子高生は非常識だっただけのことで、

若いんだから、とかは

理由になりません。

 

何故なら先日記したように、

非常識どころか素敵な女子高生は確実に居るからです。

 

 

あと、今の私には薬の作用が出ているので、躊躇うのは短く、即断に迷いがありません。

おまけに傷つきにくいのです。

良し悪しです。

結構いっぱいいっぱいなんで、あれこれ構うのもやめといた方が良いのかも知れませんが。

 

 

勿論、「ここは列を待つ人の場所だから、移動しなきゃ迷惑よ」と

促すのが最も正しいのですが、

 

それは、素直に相手が「そうですね。」と、言えるかどうかでですね。(笑)

通用しそうなら端からそうしてますよ?

 

言って聞きそうならそうしますが、

そういう子はまず非常識な場所に屯自体しませんて。考えれば分かることですから。

 

 

偏見とも思われるかもですが、

偏見じゃない人はそう居ないでしょう。

 

偏見じゃ無いように努力してる人は居ても、

基本的に人は偏見ですよ。(笑)

 

 

世の中理不尽と思ってても「それが普通」

だと思えるように。

 

意思も判断も横柄さすら

考えて、行うものです。

 

 

 

 

店員さんに飴が喜ばれたなら、

それが今日の良いことです。

 

 

 

反抗期やっとけば良かった。

今日も絶賛食欲衝動と戦ってますが、

世間は花粉症で戦っている戦士をたくさん見かけます!

どちらも辛いですね!

 

既に、1月は大概にからだを壊してたので、もう無いかなとは思ってましたが。

いともあっさり風邪を引きました。

何故って、母が気分次第でヒーターを入れたり切ったりするからです。

 

自分が暑いなら人も暑い。

自分が寒いなら人も寒い。

そんな独断を今までやっていて、私ともチクチクやりあってきたのに、

昨日自分は兄宅に出かける(兄宅は日当たりがよく温い)ため、家で鼻風邪ひいてた私の目の前でヒーターや電気をご丁寧に消してゆきました。

 

灯油を使うなと言われた気になり、私はヒーターを使わす外出したりコンビニをめぐり時間を潰しました。

しかし、結局自宅で料理をしているうちに、鼻が止まらなくなり、くしゃみが連発。確実に軽い風邪をひいてしまいました。

その様子を見ていた母の言うことは

「薬を早く飲みなさいよ」とか

「早く寝たら?」でした。

日中の、私の行動などは想像出来てないし考えたりはしないのです。

 

父親が亡くなり、母親の前に、縁切りした筈の次男が現れてからは、

母の依存は完全に私から兄に傾き

私に対する関心は薄くなり

最終的には

私が自殺した要因にもなりました。

 

私がからだを壊す数日前から母の体調も悪く、不愉快そうなのは理解出来てましたが、

母の体調不良は大概金銭のストレスが現れやすいので、

「倹しく日常を大切にした方が善いのだけど」とは思ってますが、

次男は母を甘やかすので(過去の罪の償いから)、我慢することが尚更ストレスになり、

ストレスは不機嫌になり、私に当たっていた感じになります。

自分はこれで節約、と言うものを押し付けてくるのだから堪らないのです。

 

そして、本日実に分かりやすく母親が「リボ払いでいくら借りれる?」と、

私に尋ねてきました。

私は数ヶ月前に次兄が必要だからと、二十万をカードで貸しており

返済の最中なのに、こう出ました。

 

大変な、理不尽です。

何故ならカードは私の名義だから。

私が私の必要なときには借りれなくなる可能性すらあるのに、

いざとなれば私に借金を頼んでくる母を、賎しいと思うと

頭痛は増してため息も増しました。

当然食欲もなく、虚無感だけがぐったり身体にのし掛かります。

 

しかし、母はそれを見ていて分かっていても無視します。

母からの私の価値はとうに低く、私は衝動が強い今

母に怒鳴り散らすことさえ可能ですが、やりません。

下らない言い争いになるのが目に見えているし、

「わかったわよ、あんたに頼まなきゃいいんでしょ?」みたいな捨て鉢で、人の方を悪者みたいに怒りながら私に罵詈雑言言うことは暗に予測できるのです。

私は体調悪いからお金をすぐには借りれないと言えば、カードを渡せと言うでしょうが

私のカードを人が好きに扱う。既にいいようにされてるのに、カードまで好きにされるのは我慢がならず、

借入額を最小限に止め、未だに完済仕切らない金額も併せて次の支払いにプラスすることになりました。

 

私は、自分が小さいときにもっと、反抗期を経験し、

独立すべきだったのだと思っています。

 

父親の不甲斐なさから母と依存してきた果てが、

こんな都合のいいキャッシング扱いされるのは辛く

 

部屋で泣きました。

病気で心も弱っていたからです。

 

明日必要

すぐ必要、お金必要

病気の時に急かされても、それ以前の労りや心配を無視している相手に

 

どうぞ、どうぞ、とニコニコ貸す人がいるのでしょうか。

 

結局、私は部屋にそうそうに引き下がり、少なくとも会話は避けました。

母が差し出す肉や寿司も、出来合いや焼いただけのもので、

私には金銭の為のご機嫌取りに見え、大変不愉快だったからです。

 

 

私は、近いうちか給料日ですが、今回はシビアに行きたいと思ってます。

結局、いつでも母は枯渇を吟うし私には補え切れないからです。(きりがない、上に報われない)

それに、自分の給料は、ある程度は自分の自由にならなくては、

仕事すらやる気をなくします。

 

私は特別な贅沢はしない。

母も、そうする方が善いのですが母には少なくとも次男と言う援助があるかぎり、

私がパートナーから補われてもお互い様なのです。

 

 

また、でっかく爆発する日が来るかも知れません。怒りを小出しにするのはたしかに嫌だけど、

馴れなきゃ、

有る日いきなりガシャーン!だと「先に言えよ?!」と、なるでしょう?

それが上手く出来ないのは反抗期が無かった現在の反動なんですよね。

大人になっての反抗期は、

でかいし、積年があるぶん蓄積が大きく現れます。

しかも体はでかいんだから大変。

 

とりあえず、今日は親友以外には話す気になれないので

薬飲んで寝ます。

 

外出してる最中↑

 

パンダが可愛いと、嬢ちゃんに誉められました(笑)

まあ、良かったことはこれくらいかな。

 

 

ヤフオク!で、服を高値から高値にして競り落とし、よっしゃ!と思ってたら「他でも出品していて、先にそちらが売れたから取引中止」みたいな旨のメールが、朝来て、

ひとつの品物を同時に別の販売にかけるとか、

必ず誰かを不愉快にさせるやつにしか見えません。

そういう出品者はいい加減だ。

売り方自体(メルカリやりたいならヤフオク!に出すな)辞めて欲しい。

こちらの時間も返せないのに、文字だけで謝罪されても逆に腹が立つ。

悪評価をつけるのは簡単だが、

凄く面倒で、病気中だから辞めた。

 

怒った方がいいのかなあ。

今からでもコメント出来るけどね。

 

 

でめ、今は誰とも会話したくないですね。

 

明日、また生まれ変わらないと無理です(泣)

 

こんな自分、自分だって嫌いですよ。

 

 

怒鳴るの疲れるから、しばらく母親と距離取ります。

お金のことは知りません。

 

何もかも兄に甘えてる母も問題なんですよ。